声優の仕事とはどういうもの?

映像作品に声を吹き込むのが基本

声優の仕事は、基本的には何かしらの映像作品に声を吹き込むことですよね。洋画の吹き替えや、アニメのアフレコなどが、代表的な仕事の種類になります。他にも、声が必要なシーンには大抵登場して活躍をしていきます。会社の研修ビデオ等でも、ナレーションが必要になることはあります。その際にも、プロの声優が声を当てることがあるわけです。最近はゲームも、ボイスありのものが増えてきました。活躍の場は、かなり広くなっていると言えます。スマホゲームでさえ声優が必要になる時代ですから、選ばなければ仕事はありますし、たくさん稼いでいくことも不可能ではないでしょう。テレビ業界にも居場所はありますし、ラジオの番組を持つ声優さんも非常に多く見受けられます。

握手会やコンサートを開くこともある

人気声優さんともなると、もはやアイドルやタレントと同じようなことをする場合があります。たとえば、握手会や写真撮影会をする人もいますね。オリジナルの音楽CDを作って、歌手デビューをしてしまう人もいます。オリジナルの曲が売れれば、その後コンサートをする人もいるのです。テレビに出て、声優歌手として活動をして、タレントと同じようにクイズ番組に出たりするケースも見受けられます。人気が出れば、声を当てる以外の様々な仕事が舞い込んできますから、今ではアイドルやタレントを直接目指さずに、声優からそちら方面の仕事をする人も出てきました。女性なら、水着グラビアをやったり写真集を出したりということもできるでしょう。