アナウンサーになるための方法

大卒という学歴はほぼ確実に必要

女性アナウンサーの中には下手な芸能人よりも知名度、人気が高く、活躍している人が珍しくありません。また、男性アナウンサーの場合でも、独立して大物司会者となり、バラエティで活躍する人がいます。
では、アナウンサーになるためにはどうすればいいのでしょうか。まず、キー局、つまり全国放送を行うテレビ局のアナウンサーということに絞った場合、大学を卒業するというのはほぼ必須条件です。女性であれば、卒業した大学のミスコンでなんらかの賞を取っていると箔がつくでしょう。テレビ局の女性アナウンサーには、ある程度の容姿が求められることが多いからです。
そして、できれば、大学とは別にアナウンサーを養成している学校に通うようにしましょう。

アナウンサー養成学校で学ぶことの利点

こうした学校では、昔、アナウンサーをしていた人が講師になっていて、アナウンサーに必要な技術などを教えてくれます。当然、そうした技術を覚えるというのも学校に通った方がいい理由の一つですが、それとは別に、自分と同じようにアナウンサーを目指す人と情報交換ができるというのも大きな理由になります。
そして、入社試験を幅広く受けるというのも、アナウンサーになるためには大事なポイントです。キー局の入社試験だけではなく、地方局、ラジオ局など、いろいろと受けてみましょう。キー局の入社試験は非常に倍率が高く、キー局だけに絞ってしまうとなかなかアナウンサーにはなれません。
まずは地方局から始めて、そこで人気アナウンサーになり、独立してキー局に進出するというのも一つの方法です。

東京には様々な養成機関があり、声優の養成機関も少なくありません。そのため、声優の養成所を東京で探すとすぐに見つけることができます。